このページの先頭です

低価格で汗対策!顔にも塗れる【ミョウバン水】の作り方と効果

230views

投稿日:

汗の臭い対策として近年ではミョウバンが注目されつつあります。

日本では比較的最近になってデオドラントとして商品化されその効果が広まってきましたが、実は海外ではミョウバンは最も歴史あるデオドラント・スキンケア剤のひとつとして認識されています。

ミョウバンの天然の結晶はアルム石と呼ばれ、古代ローマの時代から防臭・制汗剤として使われています。

現在でも焼きミョウバンを配合したデオドラントが人気です。

ミョウバンは水に溶けることで弱い酸性を示すため、足やわきなどの臭いの元となる雑菌の繁殖を防ぎます。

皮膚の常在菌は弱い酸性の環境を好むため、常在菌のバランスを崩すこともありません。

さらに、酸性であるためにアルカリ性のアンモニア臭の強い汗を中和し臭い対策となる効果もあります。

また、ミョウバンの持つ収れん作用が皮膚や毛穴を引き締めることによる制汗作用も期待できます。

このようにミョウバン水は皮膚に対する刺激を抑えながら制汗・臭い対策ができるため、デリケートな顔にも塗ってスキンケアが可能です。

顔の皮膚の引き締めと抗菌作用によって、ニキビ予防にも効果が期待できます。

ミョウバンは医薬品や食品添加物としても使われ、また非常に長い間多くの人にデオドラントとして使われてきた歴史から安全性は折り紙付きといえます。

また、焼きミョウバンはスーパーや薬局などで手軽に手に入れることができ、値段もお手頃です。

市販のデオドラントや制汗剤を使うよりもはるかにリーズナブルな値段で汗・臭い対策を行うことができることがミョウバン水の大きな魅力です。

ミョウバン水の使い方は臭いの気になる場所に塗ったり、スプレーしたりするだけと非常に簡単です。

雑菌の繁殖しやすいわきや耳の裏、足の指先といった場所にスプレーすると、気になる臭いを自然に抑えてくれます。

 

ミョウバン水の作り方と注意点

手作りミョウバン水

ミョウバン水の作り方はとても簡単です。

用意するものはペットボトル、焼きミョウバン、水道水の3つです。

焼きミョウバンはスーパーや薬局などで手に入りますが、それ以外にホームセンターや通販で買い求めることもできます。

安全性が気になる方は食品添加物として売られているものを購入するとよいでしょう。

ペットボトルを使うのは主に使いやすさのためです。

ミョウバン水は濃い原液を作っておき、それを目的に応じて薄めて使うやり方が便利なため、保存しやすいペットボトルを使うのがおすすめです。

ミネラルウォーターではなく水道水を使う理由は、殺菌を経た水道水以外の水を用いると長期の保存に耐えられず、腐ってしまう恐れがあるためです。

ミョウバン水の原液は水1.5リットルにつき焼きミョウバン50グラムの割合で作ります。

ペットボトルに計量したミョウバンと水を入れてよく振りましょう。

ミョウバンが溶け切るのに1日から2日程度の時間がかかるので、それまで冷暗所に置いておきます。

ミョウバンは水の温度によっても溶けやすさが変化するため、冬場に作る際にはさらに時間がかかる場合があります。

ミョウバンが溶け切って透明になったら原液の完成です。

用途によってこの原液を30倍から50倍程度まで薄めて使いましょう。

注意が必要な点としては、皮膚に塗っても赤みやかぶれが出ないか事前にテストする必要があることと、原液や薄めたミョウバン水にも雑菌が繁殖する可能性があることです。

皮膚に塗るものであるため、自分の肌に合うかどうかは事前に少し腕に塗ってみるなどして確かめてみましょう。

赤くなったりかゆみが出た場合には使用を控えるべきです。

また、ミョウバン水そのものが腐ってしまうことには気をつけましょう。

特に薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保存することをおすすめします。