このページの先頭です

胸元汗に効果的な【7つ】の止める方法と原因はこちら

338views

投稿日:

気づいたら胸元にじんわり汗ジミが…。

人前で拭うわけにもいかない、胸元にかく汗で困った経験、ありませんか?

 

噴き出る汗をなんとかしたい!まずは衣服から

胸元汗を止める方法

衣服からできる胸元汗対策、していきましょう!

 

ハンカチを入れよう

胸元の汗は人目が気になって堂々とは拭けないものです。

そこでハンカチで拭くのではなく、あらかじめハンカチを入れておこうという作戦です。

薄手のガーゼハンカチを胸元、谷間のあたりに入れてブラジャーで固定するだけで、汗を吸い取ってくれます。

汗ジミ対策になるだけでなく、あせもの予防にもなります。

 

胸用の汗取りパットを使おう

ワキ用の汗取りパットがあるように、胸元に入れる用の汗取りパットも市販されています。

ハンカチだけでは心もとなかったり、どうにも落ちてしまいがちで安定しない場合などはコチラがオススメです。

使い捨てのものと洗って繰り返し使えるものがあるので、好みに応じて選びましょう。

 

下着を胸元汗対策のものに替えよう

市販されているものでも、胸元の汗がシミにならないように工夫されたブラジャー・インナーがあります。

ワキ用の汗取りパットが付いているのと同じように、胸元にパットがついているインナーなども販売されています。

いつもの下着と同じように洗えて衛生的、手間も少ないのがメリットですね。

また、インナーの場合多くは脇汗パットなども一緒についているため、脇汗も同時にカバーできます。

インナーやブラジャーの多くは背中も覆っているため、背中の汗対策にもなりますよ。

 

胸元汗を目立たせない服を選ぼう

胸元に沿った形や、グレーの生地などはどうしても汗ジミが目立ちます。

胸元にレースやフリルなど飾りのあるタイプを選ぶと、汗ジミが目立たなくなります。

薄い素材を重ね着をすることで汗ジミを見えなくすることも可能です。

暑い夏など重ね着できない季節は、フェイクレイヤードデザインの服などもおすすめです。

また、フェイクレイヤード製品で、胸元のチラ見え防止カバーも胸元汗対策に有効です。

汗を吸収してくれる効果はもちろんありますが、汗そのものや汗ジミが目立たなくなります。

何よりおしゃれに見えるのがうれしいですね。

 

それでも止まらない胸元の汗には

胸元汗にサプリ

衣服がダメならさらにサプリや制汗剤を取り入れましょう。

 

サプリを飲もう

胸元汗の原因がホルモンバランスの乱れによるものの場合、サプリで補うことは効果的です。

更年期の女性の多くは上半身の汗に悩まされており、ホルモンバランスを整えるサプリも多く販売されいます。

大豆イソフラボンなどのホルモンバランスを助けるもの、柿渋エキスや茶カテキンなどの消臭効果が配合されているものが望ましいです。

 

制汗剤を使おう

制汗剤は汗を抑えてくれるだけではなく、消臭効果も付属しているのがうれしいところ。

ただ、胸元は皮膚が薄くデリケートな部分のため、制汗剤も肌に優しいものを選ぶのがベターです。

サラサラを保つパウダータイプやスプレータイプ、塗りやすく乾きやすいジェルタイプなど好みのあったものを探してみましょう。

 

胸元汗を放置していると、なんだか臭う?胸元汗からニオイが

胸元汗が臭う 対策

なんだか汗臭い、イヤなニオイがする…それが自分から!?

ただの汗だと放っておいてはいけません。

 

胸元を清潔にしよう

胸元に汗をかくとムレやすいためあせもができやすく、ニオイの原因にもなります。

胸元汗で大事なのはやはり胸元を清潔に保つこと。

お風呂でも手足は洗っても胸元はあまりしっかり洗わない人、多いのでないでしょうか?

ゴシゴシと強く洗っては必要な皮脂まで落ちてしまいます。

体を洗う時は柔らかい素材や手のひらなどで優しく泡立てながら洗いましょう。

胸のサイズが大きい人は余計に洗いにくく、手荒に洗うと痛くてつらい…という場合もあるでしょう。

そういった場合、汗が溜まりやすい下部、乳房と体の接触しているところ、谷間を洗ってあとはごく軽くで十分です。

 

実はそのニオイ、ブラジャーから?

胸元汗をたくさんかいてしまう場合、その汗の多くはブラジャーやブラジャーのパッドへ染み込んでいきます。

汗を多く吸ったブラジャーが生乾きになってしまうと、イヤな「雑菌臭」の原因になってしまうんです。

雑菌臭を防ぐためにブラジャーはなるべくその日のうちに洗って、抗菌作用のある洗剤や柔軟剤を使って対策しましょう。

 

「胸元汗の原因ってこれだったの!?」

胸元汗の原因

胸元汗は、意外なところからきている可能性もあるんです。

 

更年期によるホルモンバランスの乱れ

女性の更年期障害でホルモンバランスが乱れると「ホットフラッシュ」という症状が起こります。

ホットフラッシュはのぼせ・ほてり・発汗が起き、胸元や顔、首の汗が大量に出てしまうんです。

若い女性も自律神経が乱れるとこれに近い症状が出てしまいます。

 

エアコンに頼りすぎていると胸元汗の原因に

暑い時期、とくに昨今の猛暑、エアコンなしで過ごすのは非常につらいものです。

しかし温度を下げ過ぎたり、低い温度のまま長時間過ごすのは実はよくありません。

少し肌寒いくらいで過ごしてしまうと、汗を出す汗腺の機能がどんどん衰えてしまいます。

汗腺の機能が衰えると、涼しいところから暑いところに出た時の体温調節機能が過剰になり、胸元にも汗が一度に大量に出てしまいます。