このページの先頭です

効果的なシャワーの温度とは

263views

投稿日:

効果的にシャワーを使って汗を流そう

汗かきさんにはかかせない存在、シャワー。

 

帰宅したら真っ先にシャワーを使うと言う人も多いはずです。

 

しかしシャワーって汗を流す以外の効果があるんでしょうか?

 

シャワーをより効果的に使って、体と汗をケアしましょう!

 

 

シャワーでスッキリ!体の洗い方

汗を流すシャワー

シャワーは手軽に全身を洗い流せるのが一番の利点です。

 

汗をたくさんかいたあとは、シャワーで洗い流してしまいましょう。

 

キホンのシャワーの浴び方

1.最初の設定温度は37度
シャワーで熱すぎるお湯を長時間当てると、肌に必要な皮脂まで流してしまいます。

まずはぬるめのお湯に設定しましょう。

 

2.心臓から離れた場所から心臓に向かってシャワーを当てる
心臓への負担を避けるため、シャワーは手足の先など、心臓から離れた場所から当てていくのがベターです。

 

3.髪や体を洗う
夏や暑い時期などはここでシャワーを止めても構いません。

 

冬など寒さを感じる場合はシャワーを止めず、背中から腰にかけての背面に当てましょう。

 

頭に集中的に当てるとのぼせてしまうので、頭を洗う時以外はあまり当てすぎないように注意は必要です。

 

4.お湯の温度を上げて浴びる
体がお湯に慣れてきたところで、お湯の温度を上げて体を温めましょう。

 

温度は40~42度位で、ちょっと熱いくらいの温度にしましょう。

 

肌がうっすら赤くなってきたら次のステップへ。

 

5.20度くらいの冷たい水を浴びる
サウナのあとの水風呂と同じように、熱いシャワーを当てたあとも冷たい水をサッと浴びましょう。

 

心臓には直接かけず、腕や足などに一瞬だけかけるだけでOKです。

 

新陳代謝をよくして、毛穴も引き締まります。

 

温冷シャワーで自律神経を整える?

温冷シャワー

温冷シャワーって聞いたことがありますか?

 

温かいお湯と冷たい水を交互に浴びるシャワーの浴び方なんです。

 

この温冷シャワーは、大量の汗の原因にもなる自律神経の不調を整える効果があるんです。

 

温冷シャワーの効果

冷たいシャワーと温かいシャワーを繰り返す温冷シャワーは、皮膚に大きな温度差を与えます。

 

この温度差は交感神経と副交感神経の切り替えを促し、自律神経のバランスを修正してくれるというのです。

 

さらに温冷シャワーにはダイエット効果も見込めるんです!

 

人の体ではたらく細胞の一つに「褐色細胞」というものがあります。

 

「褐色細胞」は体の脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す細胞なんです。

 

この褐色細胞は冷たい刺激で活性化し、より多くはたらくようになります。

 

温冷シャワーで褐色細胞を刺激すれば、脂肪燃焼効果もあるんですよ。

 

温冷シャワーの浴び方

1.温かいシャワー(38~42度くらい)を体全体に2~3分当てる

 

2.冷たいシャワー(20~25度くらい)を心臓から遠い位置、手足などに30程度当てる

 

3.1と2を3セットほど繰り返す

 

これだけ!簡単ですね。

 

湯船が使えるなら、温かいお風呂に2~3分入浴し、冷たいシャワーを当てる「温冷浴」も効果的ですよ。

 

 

朝シャワーで汗を流す

汗と朝シャワー

寝汗がひどくていつも朝起きるとベタベタ!そんな人にオススメなのは朝シャワーです。

 

朝から温冷シャワーなんてしてられない、と思われそうですが、朝シャワーは細かいテクニックを使う必要はありません。

 

 

朝シャワーの効果的な浴び方

1.シャワー前に水分補給をする

朝起きてすぐシャワーは脱水症状を起こすことも。

 

まずはコップ一杯程度でいいので水分補給をしましょう。

 

2.40~42度の熱めのお湯で5分だけ
朝シャワーは熱めに設定したお湯でササッと浴びるのがコツです。

 

手足を温めたら、首、背中、肩、全身と汗を流していきましょう。

 

シャワーを長く浴びると副交感神経がはたらきすぎて、眠気が出てきてしまいます。

 

短めに済ませて頭も体もスッキリさせましょう。

 

また、目や目の周囲に熱いお湯を当てると、マッサージになり目がぱっちり開いて目も覚めます。

 

目を温めることで、目の疲労回復、視力の一時的な向上効果もあるんです。

 

 

疲れに効く、睡眠導入シャワー

睡眠導入シャワーとは

遅くに帰宅して、疲れでお風呂に入る気力もないけどメイクや汗を流さなきゃいけない。

 

そんな時は睡眠導入シャワーでリラックスしてすぐ寝ましょう。

 

睡眠導入シャワーの浴び方

1.シャワー温度は38~40度
熱すぎないお湯で体をリラックスさせましょう。

 

2.リンパマッサージで体を温める
リンパマッサージで体を温め、代謝アップとリラックス効果を得ましょう。

 

リンパの管をつなぐ「リンパ節」にシャワーを当てることで効果的にマッサージができます。

 

リンパ節は首の根元、脇の下、腕の中ほど、足の付け根、ひざ小僧のあたりにあります。

 

3.高い位置にシャワーヘッドを固定して全身に浴びる
首や肩、お腹と背中を中心に浴びましょう。

 

睡眠導入シャワーのあとは早めに就寝を

せっかく睡眠導入シャワーを浴びたんですから、夜更かしは禁物です。

 

濡れた髪の毛は体を冷やすため、シャワー上がりにはまずドライヤーから。

 

体をふいたらパジャマやルームウェアなどリラックスできる、すぐ眠りにつけるものを身に着けましょう。

 

 

シャワーは無理してやらないこと

汗はシャワーで改善

温冷シャワーはとくに心臓に負担をかけやすいものです。

 

心臓に疾患があったり、他にも病気がある人は無理に熱いシャワーや冷たいシャワーを浴びてはいけません。

 

自分の体に合ったシャワーを見つけて、効果的に汗をケアしましょう。