このページの先頭です

もう汗臭いとは言わせない!簡単にできる汗の臭い対策!

214views

投稿日:

自分の汗であっても、一般的に汗の臭いを嫌っているという人は少なくありません。

このイヤな汗の臭いを解消するために、さまざまな方法を試している人も多いのではないでしょうか。

日頃から、汗の臭い対策を実行することで、汗の臭いがに気ならなくなります。

簡単にできるおすすめの汗の臭い対策については、以下の通りです。

 

汗腺の機能を高めてサラサラの汗をかくこと!

汗の臭い対策のためには、日頃からサラサラした良い汗をかけるようにすることがポイントです。

サラサラの汗は、ベタッとした汗よりも臭わないのが特徴です。

この良い汗をかくためには、汗腺が鍛えられているかどうかが重要なポイントです。

日頃の生活習慣において、暑い夏の時期などエアコンの効いた部屋ばかりにいると、残念ながら汗腺の機能は低下していきます。

外はすごく暑いのに、室内はエアコンが効いていて寒い、そのような状況が交互にやってくると、体は自律神経と交感神経の切替えが上手くいかず、体調を崩しやすくなるのです。

また、このような生活をしていると、さらに汗腺の機能が低下してくるため、サラサラの良い汗がかけず、汗と共に出たミネラル成分を肌に再吸収できなくなり、ベタッとした良くない汗になるのです。

 

汗をかく時はたっぷりと!

汗腺を鍛えるためには、運動がおすすめです。

日頃の運動不足を解消し汗を流す場合は、だらだらと汗をかかず、たっぷりかくようにしましょう。

それには、運動やサウナなどが効果的です。

また、汗をかくべき時間を決めてハッキリさせることで、汗腺や自律神経を鍛えることができます。

このようなメリハリがある汗のかき方は、自律神経の交感神経と副交感神経の切替えも鍛えることができます。

そうすることで、臭いの少ない良い汗をかけるようになるのです。

 

半身浴を行う!

自宅で簡単に行える対策として、半身浴があります。

半身浴の方法については、38度前後のぬるめのお湯に、胸から下半分を浸かるようにします。

すると徐々に血行が良くなってくるため、10分程度経つと大量の汗が出できます。

この半身浴は、ジョギングなどの激しい運動と違って、身体や心臓などに負担が掛かりにくい上、毎日手軽に行うことができます。

 

汗が臭っているのは実は衣類の可能性かも?

汗のにおいと衣類の関係

汗はインナーや衣服に染み込む!

汗をかいた場合には、汗の水分や皮脂などと共に、すぐにインナーや衣服に吸収されていきます。

これは、インナーや衣服の中に、汗と共に雑菌の餌が入り込んでいるということです。

そして、体温で温まっている湿度の高い衣類の中で、雑菌がどんどん増殖しているのです。

汗臭いと感じてしまうのは、実は着ているインナーや衣服が臭いの原因となっているのかもしれません。

 

衣類の汗の臭い対策について!

衣類の汗の臭い対策については、以下の通りです。

 

こまめに着替えること!

汗をかいた場合には、インナーや衣服にほとんどの水分や皮脂が吸い取られているため、気になったらすぐに着替えることが汗の臭い対策となります。

汗をかきそうな時は着替え類を持参するようにし、臭いが気になってきたらすぐに着替えるようにしましょう。

そして、着替え終わった衣類については、臭いが漏れないようなナイロン製の袋などに入れて持ち帰るようにしましょう。

 

抗菌タイプのインナー類を身に着ける!

抗菌タイプのインナーとは、菌の繁殖を抑えることのできるタイプのものです。

菌の繁殖を抑えられるということは、同時にイヤな汗の臭いも抑えられることになります。

抗菌タイプのインナーであっても、汗が全く臭わないという訳ではありませんが、普通の下着と比べると明らかに汗の臭いを抑えることができます。

また、インナー以外にも、抗菌タイプの靴下などもおすすめです。

足の裏は体の中でも特に汗をかきやすく、蒸れて臭いも出やすい部位であるため、試してみる価値があるでしょう。

 

洗っても落ちにくい衣類の臭いの解消方法!

衣類の汗のニオイ解消方法

汗と共に一度染み付いた雑菌は、簡単には落とすことができません。

たとえ洗濯機で洗ったとしても完全には死滅しておらず、また着てしばらくするとイヤな臭いがしてきます。

なぜなら、衣類に付いた臭いの原因物質である雑菌を完全に死滅させない限り、何度も臭いは出てきてしまうからです。

この衣類に付いた雑菌を解消するためには、酸素系漂白剤を使用するのがポイントです。

この酸素系漂白剤は、水に溶けると活性酸素を出し、その酸化力で頑固な汚れやシミなどを分解します。

また、酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤に比べると、漂白力は穏やかであるため、扱いやすく、色物柄物などにも使うことができます。

さらに漂白剤にありがちな、ツーンという鼻につくような臭いもありません。

 

酸素系漂白剤の使用方法について!

まず、バケツや洗面器などに温かく感じる程度(40〜50度)のお湯を張り、そこに酸素系漂白剤をよく溶かします。

しっかりと混ざり、少し白っぽくなったら、汗の臭いの気になっている衣類を約30分浸けておきます。

但し、臭いがかなり気になる場合には、さらに浸け置き時間を長くします。その後、通常の洗濯をします。

 

頑固な臭いが取れない衣類の場合について!

臭いが取れないような頑固な衣類の場合には、まず深い鍋に水を張り、洗濯洗剤と酸素系漂白剤を溶かし入れます。

この場合、鍋をアルミ製にすると変色する可能性があるため、アルミ製以外のものを使用するように注意しましょう。

そして、鍋に衣類を浸けそのまま火にかけ、沸騰してから約15分程度煮ます。

その後、冷めたら、普通に洗濯するといいでしょう。

但し、この方法で洗濯を行う場合には、生地へのダメージが強くなってしまうため、綿か麻素材の場合のみにしましょう。

 

脇汗の臭いを抑えるデオドラント製品の正しい使い方のポイント!

脇汗制汗剤の使い方

脇汗の臭いが気になり、脇汗対策用のデオドラント製品をいろいろ試している女性も多いのではないでしょうか。

デオドラント製品は、正しい使い方をすることで、よりデオドラント効果を発揮することができます。

脇汗対策用のデオドラント製品の正しい使い方のポイントについては、以下の通りです。

 

肌が清潔な状態で使用すること!

脇汗対策用のデオドラント製品は、清潔な肌に使用するようにしましょう。

お風呂上りなどでない場合にデオドラント製品を使う際には、まず濡れたタオルで脇を拭くなどして、肌を清潔な状態にすることが大切なポイントです。

特別な運動などをしておらず、そんなに汗をかいていなければ、そのまま使用している人もいるでしょう。

しかし、脇は身体の中でも、もともと汗をかきやすい部位でもあるため、一度かいた脇の汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因となることもあるのです。

外出先でデオドラント製品を塗り直す場合などは、まず携帯用のボディシートなどで汗を拭き取ってから塗るようにしましょう。

また、デオドラント製品はさまざまなものが販売されていますが、無香料のものがおすすめです。

 

寝る前と出掛ける前に使用する!

脇汗対策用のデオドラント製品は、いつ使用してもいいのですが、基本的に寝る前と出掛ける前に使用するのがポイントです。

なぜなら、脇汗対策で最も重要なのは、脇汗をかく前に対処することが良いとされているからです。

また、出掛ける前の脇汗対策として、出掛ける前の肌にデオドラント製品を使用することで、日中の汗の臭いや衣服の汗染みなどの悩みが軽減しやすくなります。