このページの先頭です

自家製の制汗剤を作ってみました

233views

投稿日:

市販の制汗剤って何が入っているのかよく分からなくて、使いたくない。

市販の制汗剤で肌が荒れてしまった。

市販の制汗剤では効果がない!

そんな汗やニオイに悩む人々の間で話題になっているのが、自分で作る制汗剤です。

確かに自家製の制汗剤で汗のケアができたらいいかもしれないけど…面倒くさくないの?

費用は?デメリットは?

自家製制汗剤についてまとめて紹介します。

 

自家製制汗剤のメリットは?

■中に何が入っているか分かる
自分で作るものですから、成分が何であるかはっきり把握できます。

■肌に優しい
手作りなら余計な保存料などを入れなくても済みますから、その分肌に優しく仕上がります。

■お金がたくさんかからない
ほとんどの自家製制汗剤の原料は安価で手に入りますので、高い制汗剤よりお値打ちに。

 

自家製制汗剤のデメリットは?

■大量に作り置きは出来ない

保存料などが入っていないということは、長期間おいておくと中身が変質してしまう恐れもあります。

自家製の制汗剤を作るときは、使い切れる分をこまめに作る必要があります。

■いちいち作らないといけない
市販のものなら買ってパッケージを開ければすぐ使えますが、自家製となると自分で作らなければいけません。

 

自家製の制汗剤って結局どうなの?

メリットもあればデメリットもある、でもそれは市販の制汗剤も同じことです。

どちらが向いているかは試したりして自分で確かめるのがベスト!

自分に合った制汗剤を見つけてみてください。

 

自家製の制汗剤の作り方

手作り制汗剤の材料

 

ミョウバン水

自家製制汗剤のいちばん有名なものといえば、ミョウバン水ですね!

ミョウバンは、ナスの漬物の色落ち防止や膨張剤として使われる食品添加物です。

ミョウバンには殺菌作用、収れん作用に加えて制汗作用もあり、古くから体臭予防に使われてきたんです。

 

■ミョウバン水の作り方
水150グラムにミョウバン5グラムを溶かし、ミョウバンが溶けるまで1日ほどおくだけで完成です。

 

この原液を10~20倍に薄めて、スプレー容器に入れてワキや腕にスプレーします。

目などに入ってしまわないように、スプレーではなく少量ずつ出せる容器に移し手にとって馴染ませるのもいいでしょう。

 

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウムは、多汗症の薬としても使われ強力な制汗効果があるとされています。

しかし、塩化アルミニウムは強力なため、乾燥しやすく皮膚のトラブルが起きやすい薬剤でもあります。

適量を使えば高い制汗作用を得られる心強い味方ですが、使いすぎないよう気をつけ、少しでも肌にトラブルがあれば使用をやめて病院へ相談へ行きましょう。

 

■塩化アルミニウム液の作り方
病院で処方される塩化アルミニウム液の多くは濃度20%とされています。

 

20%の塩化アルミニウム液を作る場合、精製水500mlに対し塩化アルミニウム100gの加えて混ぜるだけで完成です。

市販の制汗剤は塩化アルミニウム濃度が7~13%くらいのものが多いため、肌が弱い人は濃度を低く作れるのも自家製の良いところですね。

 

重曹+精油で香りもいい制汗剤

制汗剤とアロマオイル

ミョウバンも塩化アルミニウムもちょっと…というあなたには重曹と精油で作る制汗水がオススメです。

作り方は水100mlに対して重曹小さじ1をよく混ぜて溶かし、好みの精油2~4滴ほど入れて一日おけば完成です。

スプレー容器などに入れて気になるところにかけるだけ!

 

ハッカ油

スッキリした香りのハッカ油はリッラクス・リフレッシュ効果バツグンです。

ハッカ油は蒸発するときに周囲の熱を奪う性質があり、スーッと涼しくしてくれて余分な熱も取り除いてくれます。

ハッカ油は乗り物酔いの対策にも役に立ち、朝通勤・通学前にスプレーしてバスや電車での気持ち悪さをなくしてくれます。

 

グレープフルーツ精油

グレープフルーツのみずみずしい香りは、緊張やストレスで固まった気持ちも和らげる効果があります。

皮脂の分泌を抑える作用があり、消臭・抗菌のデオドラント作用もあるとされ、まさに制汗スプレーに使うのにもうってつけです。

汗をかいたあとにも爽やかな香りでニオイを消してくれそうです。

 

ゼラニウム精油

ゼラニウムはハーブ系の香りの中にローズの香りが混じった、爽やかながら贅沢な香りが特徴です。

防虫効果があり、夏には制汗だけではなく虫よけにも使えるという優れものです。

またホルモン分泌を調整する効果があるとされ、更年期などホルモンバランスの崩れを緩和するはたらきも期待できます。

抗菌作用があり体臭予防にもぴったりです。

 

ラベンダー精油

爽やかなフローラルフレーバーのラベンダーは、安眠効果もあるリラックスアロマとして有名ですね。

ラベンダーには自律神経のバランスを整え、ストレスを和らげる作用があります。

また鎮痛作用もあり、頭痛や生理痛に悩む人にもとってもオススメな精油です。

 

自家製の制汗剤はいいことがいっぱい

おすすめ手作り制汗剤

いかがでしたか?ちょっと自家製の制汗剤を作ってみたくなりますよね。

自家製のため成分が安定していないため、作ったときと様子が違うようなら使ってはいけません。

なるべく少量ずつ作って早めに使い切りましょう。

肌に異常を感じたときも、早めに医師に相談しましょう。

使う前に肌への影響がわからず心配な場合は、目立たない部分に塗って一日様子を見る「パッチテスト」を行うのがベターです。