このページの先頭です

汗臭いなんて言わせない!意外なところにある汗臭いの原因とは?

259views

投稿日:

人間誰しも汗をかきますが、その量には個人差があるものです。

汗をかいてしまうと、悪臭の原因となってしまうため、かいてもできるだけ少量で済ませたいと、多くの人が思うでしょう。

特に夏になると汗の量は増え、臭いが発生する確率も高くなってしまいます。

あの汗の臭いの原因は、汗そのものにあるように思いがちですが、実はそうではありません。

本来汗そのものは無臭で、雑菌なども存在しないのです。

では、汗が臭ってしまう原因とはいったいどんなことなのでしょうか。

誰もが1度は経験したことがあるあの汗の臭いは、皮脂や垢などの汚れ、または肌表面の雑菌などが原因となり、発生するものです。

かいた汗が皮膚上に放置され、時間が経過することで皮膚上の皮脂や垢などの汚れと混ざってしまい、やがて分解されます。

その分解される時に発生する臭いが、あの汗臭い臭いなのです。

 

汗が臭うその他の理由

汗そのものは無臭であるため、発汗してすぐの状態では、もちろん無臭です。

ですが、皮膚上の汚れや雑菌と混ざってしまう以前に、汗の臭いの原因となる物質や成分が混ざってしまえば、汗そのものが臭いを発生させてしまうことになります。

本来無臭であるはずの汗が、臭ってしまう原因は実に様々で、たくさんの理由があります。

 

汗が臭う成分

汗の臭いの成分

前述のとおり、汗が臭う原因には、発汗後に皮膚上で臭いを発生させてしまう場合と、発汗する時から汗に不純物が混ざり、臭いがついてしまうことで汗臭い臭いを発生させてしまう場合の2パターンがあります。

皮膚上で汗が臭いを発生させてしまう原因はわかりましたが、本来無臭であるはずの汗が臭ってしまう原因となっていることとは、いったいどんなことなのでしょうか。

 

食生活

日常の食生活において、脂っこいものばかり食していると、皮脂そのものが臭う原因となってしまいます。

揚げ物や、脂分の多い肉類などの食事を中心にした食生活を送っている人は、食事さえもが汗が臭ってしまう原因となるのです。

 

便秘

便秘は体に様々な悪影響を及ぼしますが、汗に対しても同じです。

便秘状態が続いた腸内にはガスが充満し、その後腸内から溢れ出したガスが体中をめぐることとなります。

そんなガスは、やがて汗と一緒に毛穴から排出されることとなるため、汗が臭ってしまう原因となるのです。

 

ストレス

過労や疲労によるストレスも、汗が臭ってしまう原因です。

過度のストレスが蓄積されることにより、内臓の機能も低下してしまうことで、やがてアンモニア臭をともなった汗をかくようになります。

アンモニア臭を伴った汗は臭いがきつく、悪臭の原因となってしまいます。

 

ダイエット

ダイエットに励む人はたくさんいますが、無理なダイエットをすれば体に負担がかかることは周知のとおりです。

食事制限などを実践することで内臓機能が充分に働かず、アンモニア臭を発生させてしまいます。

また、糖質制限などのダイエットを実践していると、そのダイエットのメカニズムによりケトン臭と呼ばれる体臭が発生してしまうこともあります。

やがて汗にも臭いがつくようになり、汗から食品が腐ったような、独特の臭いを発することになります。

 

汗の臭い対策

汗の臭い対策方法

汗の臭いは、自分だけの問題ではありません。

臭いを発生させてしまうことで、周りにも不快感を与える恐れが出てきます。

汗をかくこと自体を防ぐことは難しく、むしろ体にとってもいいこととは言えません。

では、汗から臭いが発生することを防ぐには、どうしたらいいでしょうか。

 

清潔を保つ

汗をかいた状態を放置することによって、臭いが発生します。

汗をかいたらできるだけすぐに拭き取り、そのまま放置しないことで、臭いの発生を防ぐことができます。

また、汗がしみこんでしまった衣類をそのままにしていても、臭いの原因となります。

拭き取るだけでなく、衣類に汗が染み込んでしまったような時はすぐに着替えるなど、常に肌を清潔に保つことで、臭いを防ぐことができます。

衣類をこまめに洗濯し、きれいな状態を保つことも忘れてはいけません。

 

食生活の改善

日常的な食生活を改善することでも、汗の臭いを防ぐことができます。

脂っこいものや揚げ物類、肉類中心の食生活を避け、できるだけ野菜を中心とした食事に変えるだけでも、臭いが改善されます。

食物繊維が豊富に含まれた食品や、海藻類や豆類など、栄養バランスをよく考えた食事を心がけることで、臭い対策だけでなく、健康的な体作りもできるようになります。

汗の臭いの原因となっている便秘を改善するのにも、食生活の見直しは欠かせません。

また、飲酒や喫煙は体臭の原因にもなるものです。

これらの習慣を少しだけでも控えることができれば、汗や体臭も防ぐことができます。

 

汗をかく習慣

現代社会の中では、冷房の効いた部屋にいるだけの生活や、車で移動するだけの生活などを送ることで、汗をかく機会がほとんどないという人も、随分増えました。

日ごろから、「汗をかく」という人間本来の機能をしっかり働かせることも、汗の臭いの対策となります。

汗を上手にかけなくなることで、一部の部位のみ集中的に汗をかいたり、発汗機能が衰えてしまったりします。

これらの機能に異常が発生することも汗が臭ってしまう原因となるため、日常的にしっかり、汗をかく機能を働かせることも大事です。

 

毛穴詰りの改善

汗は毛穴から分泌されますが、その毛穴がトラブルを起こしてしまっていても、汗が臭ってしまう原因となってしまいます。

毛穴からは、汗だけでなく皮脂や汚れ、老廃物も一緒に分泌されるため、この毛穴が詰まっていて炎症を起こしていれば、これらの排泄もスムーズにいかなくなります。

毛穴が抱える肌トラブルが原因で、雑菌や皮脂汚れが過剰に発生してしまえば、当然そこから分泌される汗も一緒に臭ってしまうことになります。

日常的にしっかり湯船に浸かって入浴し、毛穴をしっかり開かせて清潔に保つことで、毛穴のトラブルも防ぐことができます。

 

その他の汗対策と予防

汗の臭いの予防方法

それでも汗をかいてしまい、臭いが気になるような時の対策として、他に何かできることがあるでしょうか。

 

サプリメント

体臭そのものを改善する手助けをしてくれるサプリメントも、開発されています。

ある程度の改善策を講じても、状況が好転しなかったり、どうしても汗の臭いが気になるような時は、このようなサプリメントの力を借りるのも1つの方法です。

ですが、このサプリメントを服用すれば体臭や汗の臭いが完全に消えると、過信することは禁物です。

まずは食生活を見直し、食生活の改善だけでは追いつかないような時に、あくまでも補助食品として利用することで、体内から臭いの対策を施すことができます。

 

対策グッズ

かいてしまった汗を臭わせないためのグッズが、世の中にはたくさん出回っています。

かいた汗の臭いを防ぐデオドラント商品や、汗そのものの発汗をできるだけ抑えてくれる制汗スプレーなどもあります。

体臭や汗の臭い対策として開発されている商品は、市場に数多く存在するため、自分の汗の臭い対策として最適なグッズを利用することで、臭いの発生を防ぐことができます。

また、これらの汗対策グッズはとても便利ですが、使用の頻度にも気を配らなければ、かえって肌トラブルを起こしてしまう原因にもなりかねません。

肌トラブルが発生してしまえば、臭いの原因ともなり、結果的に本末転倒となってしまう可能性もあるため、正しい使用方法を守って利用することが大事です。