このページの先頭です

あなたに合った発汗対策・汗を止める方法を教えます。

217views

投稿日:

汗は、夏場だけではなく1年中かきますよね。

 

人間の生理現象のひとつなので、発汗そのものは決して悪いわけではありません。

 

しかし、汗をかくと体がベタベタしたり、臭いがしてきたりなどの問題が起こります…。

 

満員電車で他人に迷惑をかける脇汗の臭い。

 

女性の顔汗は、メイクが落ちる原因にもなります。

 

できることなら「汗をかきたくない!」と思いますよね。

 

そんな厄介な汗を止めるには「汗の出る原因」を知ることが大切です!

 

発汗の原因は、体の部位によっても異なるのをご存知ですか?

 

頭汗・顔汗・首汗・背中汗・脇汗(ワキガ)・胸元汗・手汗・足汗など、汗の種類は様々。

 

それぞれの症状に最適な汗対策を考えてみましょう。

 

効果的に汗を止める方法さえ見つかれば…。

 

明日からはもう汗っかきを気にせず、快適に過ごせるかもしれません♪

 

 

汗対策のコツは「汗の種類と原因」を知ることから!

汗対策のコツとは?

先ほどお話ししたように、汗には様々な種類があり、それぞれ発汗の原因と対策法が異なります

 

汗の種類については、こちらのページで詳しく解説していますので、良かったらご参考ください。

 

⇒汗の種類について

ここでは汗の種類別に、原因と対策を簡単にまとめておきます。

 

 

【頭汗】

<頭汗の原因>

髪の毛による蒸れ・運動不足・睡眠不足・香辛料の摂取・頭部多汗症など。

 

<頭汗の特徴>

サラサラ汗。雑菌による頭皮の臭い。あせも・湿疹・抜け毛を誘発することも。

 

<頭汗を止める方法と対策>

適度な運動・睡眠不足の解消・ストレス解消・腹式呼吸・香辛料を控える・散髪・帽子の使用を控えるなど。

 

 

【顔汗】

<顔汗の原因>

運動不足・顔面多汗症など。

 

<顔汗の特徴>

通常はサラサラ汗。運動不足ではベタベタ汗になりやすい。

 

<顔汗を止める方法と対策>

適度な運動・睡眠不足の解消・ストレス解消など。

 

 

【首汗】

<首汗の原因>

運動不足・血行不良・体温調節の機能低下・自律神経の乱れ・局所性多汗症など。

 

<首汗の特徴>

加齢臭の原因になりやすい。

 

<首汗を止める方法と対策>

適度な運動・睡眠不足の解消・ストレス解消・こまめに汗を拭くなど。

 

 

【背中汗】

<背中汗の原因>

臓器の温度調節・エアコン・食生活の乱れ・運動不足・肥満など。

 

<背中汗の特徴>

エクリン腺からのサラサラ汗。一般的に臭いは少ない。ニキビ・湿疹を誘発することも。

 

<背中汗を止める方法と対策>

適度な運動・食生活の改善・インナー下着やパジャマの見直しなど。

 

 

【胸元汗】

<胸元汗の原因>

下着(ブラジャー)の着用による蒸れ・運動不足・ホルモンバランスの乱れなど。

 

<胸元汗の特徴>

アポクリン汗腺からのベタベタ汗。チチガなど強い臭いが発生することも。

 

<胸元汗を止める方法と対策>

インナーの見直し・適度な運動・制汗クリームなど。

 

 

【脇汗】

<脇汗の原因>

股間とともに汗をかきやすい部位。ストレスや緊張・ホルモンバランスの乱れ・食生活の乱れ・肥満体質など。

 

<脇汗の特徴>

エクリン汗腺からのサラサラ汗・アポクリン汗腺からのベタベタ汗(腋臭/ワキガ)。ワキガ体質では強い臭いを伴う。

 

<脇汗を止める方法と対策>

インナーの見直し・適度な運動・食生活改善・ワキガクリームなど。

 

 

【手汗】

<手汗の原因>

手掌多汗症の原因は未解明。交感神経が刺激された状態の継続によりエクリン腺が活性化され、大量に発汗する。ストレスによる手汗は一時的なものが多い。

 

<手汗の特徴>

エクリン腺によるサラサラ汗。臭いは少ない。

 

<手汗を止める方法と対策>

内視鏡手術(ETS手術)・心身療法・薬物療法・制汗クリームなど。

 

 

【足汗】

<足汗の原因>

足底多汗症・ストレス・自律神経の乱れなど。

 

<足汗の特徴>

冷え性の原因になり、足の臭いや水虫(白癬菌)の繁殖を誘発する。

 

<足汗を止める方法と対策>

制汗クリーム・ETS手術など。

 

 

【汗対策のコツ】汗を止める方法は病院治療が一番?!

人間の発汗には「温熱性発汗」と「精神性発汗」の2種類があります。

 

  • 温熱性発汗=気温・運動・食事など体温変化が原因で出る汗
  • 精神性発汗=ストレス・緊張により出る汗

 

このうち病院で治療を勧められる多汗症は、精神性発汗に属します。

 

多汗症・局所性多汗症の治療法として、一般的には以下のような方法が挙げられます。

 

  • 薬物治療(内服薬)
  • 外用薬(塩化アルミニウム)
  • ドライオニック(電気治療のための多汗症治療器具)
  • ボトックス注入(ボツリヌス毒素注射法)
  • 星状神経節ブロック、胸部交感神経ブロック
  • 胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)

 

多汗症の原因は未だ解明されておらず、これらの治療法は強制的に発汗を止める対処療法です。

 

これらの発汗を止める対処療法は、治療費が高額だったり、副作用リスクや再発リスクなども考慮する必要があります。

 

多汗症の病院治療は一時的な制汗効果が高い方法ですが、誰でも気軽にできるものではありません。

 

また、運動不足などが原因でちょっとした気温変化で汗をかくのは温熱性発汗ですから、病院治療の必要はありません。

 

これらの温熱性発汗は、生活習慣を見直したり、制汗剤を利用するなどして、ある程度の対処ができます。

 

そこで、自宅で手軽にできる汗対策の方法を調べてみました。

 

 

【自宅で汗対策1】制汗グッズで汗を止める方法

人気の制汗グッズは?

ネット通販やドラッグストアでは、たくさんの制汗グッズが市販されています。

 

最近人気の制汗グッズと言えば、こんなものがあります。

 

  • デオドラントスプレー
  • 汗拭きシート
  • ワキ用汗止めシート
  • 汗とりパット
  • 制汗ジェル
  • ロールオン制汗スティック
  • ベビーパウダー

 

比較的安価な商品が多く、汗対策としては一番身近なものと言えそうです。

 

効果はピンからキリまでありますが、制汗グッズは、数時間から1日程度の短期的な効果しか期待できません。

 

このため、継続的に使用すると意外に費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

 

また、制汗グッズは敏感肌やアレルギー肌には副作用の注意も必要です。

 

効果が一時的なので、何かと手間がかかるのもデメリットですね。

 

なお、制汗グッズはワキ用が多いのも特徴です。

 

<制汗グッズの評価>

総評 ★★★☆☆(3.0点)
コスト ★★★★☆
制汗効果 ★★★☆☆
持続性 ★☆☆☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ★★☆☆☆
制汗部位 ワキ・手・足・顔など

 

 

【自宅で汗対策2】ミョウバンで汗を止める方法

ミョウバンで汗止め

日本で古くからある汗止めと言えば、有名なのが「ミョウバン」です。

 

ミョウバンは漬物の発色剤や、ラーメンの麺などに添加されている成分です。

 

薬局などで100円程度から購入でき、体臭予防や制汗の効果があると言われてきました。

 

ミョウバンは水に溶けると酸性になり、これが殺菌剤のような作用をもたらします。

 

特に、アルカリ性のアンモニア臭を消臭する効果が大きい成分です。

 

また、ミョウバンの「収れん作用」により制汗効果が期待できるとされています。

 

ただし、ミョウバンの制汗効果については科学的なメカニズムが良く分かっていないそうです。

 

ミョウバンの使い方は簡単で、1.5リットルのペットボトルに水を入れ、50gほどのミョウバンを溶かしてミョウバン水を作ります。

 

手・足・脇など、汗や臭いが気になる部分にスプレーするか、塗布するだけです。

 

顔への使用は避けたほうが良いですし、敏感部分はかぶれる場合もあるため注意が必要です。

 

効果は一時的なことが多く、手間のかかる点などがデメリットと言えそうですね。

 

<ミョウバンの評価>

総評 ★★★☆☆(3.4点)
コスト ★★★★★
制汗効果 ★★★☆☆
持続性 ★★☆☆☆
手軽さ ★★★☆☆
副作用 ★☆☆☆☆
制汗部位 手・足・脇・股間など

 

 

【自宅で汗対策3】インナーで汗を止める方法

シャツや下着・パジャマなど、インナーに着る衣類を見直すことで、発汗や臭いを抑える方法もあります。

 

メンズ・レディースに関わらず、まずは普段から身に着けている衣類を見直してみましょう。

 

衣類に多い「ポリエステル」や「レーヨン」は、汗かきに不向きな素材です。

 

ポリエステル素材は速乾性や伸縮性に優れ、インナーやユニフォームなどによく使われています。

 

ところが、こうした化学繊維は吸水性が悪く、汗が衣服の中にこもってしまいます。

 

このため肌の汗が乾きにくく、臭いの原因になるんです。

 

男性の方は、ワイシャツ・Tシャツ・ブリーフ・部屋着・寝間着・靴下などに気を付けてみてください。

 

女性の方は、ブラウス・ショーツ・ブラジャー・ガードル・パジャマ・ソックス・ストッキングなど。

 

ポリエステルなどの化学繊維が見つかったら、木綿やシルクなど、通気性と吸水性の良い天然繊維に変えてみてください。

 

インナーは見過ごしやすい汗対策ですが、人によっては意外に大きな効果があるかもしれません。

 

費用が嵩むこともありますが、衣替えの季節などに入れ替えを検討してみては?

 

<インナー見直しの評価>
総評 ★★★☆☆(3.2点)
コスト ★★★☆☆
制汗効果 ★★☆☆☆
持続性 ★★★☆☆
手軽さ ★★★☆☆
副作用 ☆☆☆☆☆
制汗部位 脇・胸元・背中・股間など

 

 

【自宅で汗対策4】サプリで汗を止める方法

制汗サプリメントで汗止める

制汗サプリメントはネット通販でたまに見かける商品です。

 

飲むだけで汗の量を抑える効果が期待できるようですが、医学的な根拠に乏しいのが難点でしょうか。

 

いくつか見つけた制汗サプリの主な制汗成分として、カリウム・ポリフェノール・プエラリアミリフィカなどが配合されていました。

 

カリウムは女性に不足しがちな栄養素と言われますが、体内の余分な熱を効率的に逃がす作用があり、結果的に汗を抑えることも期待できるようです。

 

カリウムはトマト・きゅうり・ゴーヤ・ナスといった夏野菜に多く含まれていますので、夏バテ防止・発汗予防の対策食として、夏場の積極的な摂取がおすすめです。

 

制汗サプリ自体はネットでの評価も今一つだったりと、不安要素が付きまといます。

 

あまり期待し過ぎず、食生活改善の補助食品として考えたほうが良さそうです。

 

<制汗サプリの評価>

総評 ★★☆☆☆(2.4点)
コスト ★★☆☆☆
制汗効果 ★☆☆☆☆
持続性 ★☆☆☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ★☆☆☆☆
制汗部位 顔・全身

 

 

【自宅で汗対策5】漢方薬で汗を止める方法

漢方薬で汗対策

漢方薬は体質の改善が見込めるため、根治治療の期待ができる汗対策ですが、科学的な根拠に乏しいことや副作用などが心配です。

 

効果の個人差もあるようですが、汗を止める効果の期待できる漢方をいくつかご紹介しておきます。

 

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)

軽い運動で大量の玉汗をかく人に。汗を止める効果のほか、風邪予防・疲労回復などにも。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

代謝の改善・顔のむくみ取りや顔汗の抑制に。

 

女神散(にょしんざん)

血行を促進し、体内にある水分の巡りを改善。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

精神安定剤のようなリラックス作用で、虚弱・不眠症・神経過敏などに。

 

漢方薬は汗腺に対し強制的に制汗するような即効性は期待できませんが、長期間続けることで体質が変化すれば、間接的な効果が見られるのかもしれません。

 

一度改善すれば持続的な効果が期待できますが、根気とお金の必要な治療になりそうですね。

 

<漢方薬の評価>

総評 ★★★☆☆(2.8点)
コスト ★★☆☆☆
制汗効果 ★★★☆☆
持続性 ★★★★☆
手軽さ ★★☆☆☆
副作用 ★★☆☆☆
制汗部位 全身

 

漢方薬のデメリット
  • 体質改善の為、汗が抑えられるまで数か月かかる
  • 漢方薬局などでは、保険適用外なので高額になる(月1~3万円以上)
  • 自分の体質に合わせて調合する必要がある

 

 

【自宅で汗対策6】ツボ押しで汗を止める方法

汗を止めるツボは?

汗対策の民間療法として有名なのがツボ押しです。

 

こちらも科学的根拠に欠ける点は注意が必要ですが、人によっては即効性もあるようです。

 

汗をかく場所によってツボが違うようですが、いくつか代表的なものをご紹介しておきます。

 

後谿(こうけい)

小指の外側、付け根部分のツボ。顔汗に。

 

陰げき(いんげき)

手首の小指側、手のひら側にあるツボ。顔汗に。

 

屋翳(おくえい)

乳首の3~5㎝上にあるツボ。顔汗に。

 

大包(だいほう)

脇の下のすぐ下にあるツボ。顔汗に。

 

労宮(ろうきゅう)

手のひらの中心にあるツボ。手汗に。

 

合谷(ごうこく)

手の甲、親指の付け根と人差し指の付け根の間にあるツボ。手汗に。

 

復溜(ふくりゅう)

くるぶしの内側、アキレス腱の中央から4㎝ほど上にあるツボ。手汗と冷え性に。

 

 

ツボ押しのメリットは、自分でやれば費用がかからない点や、副作用リスクの低さなどです。

 

どの程度の効果があるかは押してみないことには分かりませんが、効果が一時的で長続きしない汗対策と言えます。

 

また、ツボ押しに似た効果のある「汗止めバンド」「指圧バンド」「汗止め帯」といった商品も市販されています。

 

こちらは胸に巻いてツボ押しと引き締めにより、ムダ汗を防止するグッズで、舞妓さんの間で知られている「半側発汗」をヒントに開発されたようです。

 

いずれも一度試してみる価値はありますが、過度な期待は禁物と言えそうです。

 

<ツボ押しの評価>

総評 ★★★☆☆(3.4点)
コスト ★★★★★
制汗効果 ★★☆☆☆
持続性 ★☆☆☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ☆☆☆☆☆
制汗部位 顔・手・首・頭など

 

ツボ押しのデメリット
  • 一瞬しか効果がない
  • 正しいツボを的確に押さないと意味がない

 

 

【自宅で汗対策7】ペットボトルで汗を止める方法

ペットボトルで汗対策

夏場の猛暑、外出先で滝のように汗をかいた時に試してほしいのが、ペットボトルを使った汗対策です。

 

効果はごく一時的ですが、最大のメリットは即効性。

 

やり方は至ってシンプルで簡単です。

 

キンキンに冷えたペットボトルを1本用意し、首にあてて冷やすだけ。

 

首は太い血管が集まっているので、急激に冷やすことで血流が一時的に鈍ります。

 

このため体熱が下がり、サッと汗が引きます。

 

汗拭きシートなどを併用すると尚良いでしょう。

 

もちろん、首を冷やし終わったら水分補給し、体温を下げると効果的。

 

「どうしても今すぐ汗を抑えたい!」

 

そんな緊急時にはおすすめの汗対策です。

 

<ペットボトルの評価>

総評 ★★★★☆(3.6点)
コスト ★★★★★
制汗効果 ★★★★☆
持続性 ☆☆☆☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ☆☆☆☆☆
制汗部位 顔・頭・首・背中・胸元・脇など

 

 

【自宅で汗対策8】塩化アルミニウムで汗を止める方法

塩化アルミニウムは病院での多汗症治療・ワキガ治療にも使われており、制汗剤では医薬部外品として市販されています。

 

塩化アルミニウムを配合した制汗剤は、汗をかく前に使うことで制汗効果を発揮し、ワキガ臭の予防などに効果的と言われています。

 

塩化アルミニウムの濃度が高い商品は、価格も高額になりやすいです。

 

塩化アルミニウムを患部に塗布すると、汗腺にフタをしてくれるため、汗が出るのを直接防ぐことができます。

 

持続性は濃度にもよりますが、長くて3~5日ほどの制汗効果が期待できるようです。

 

ただし、塩化アルミニウムの入った制汗剤は皮膚への副作用が心配されます。

 

かゆみ・カサカサ・かぶれなど、肌トラブルを感じたらすぐに利用を中止するようにしましょう。

 

特に、皮膚の弱い方や、脇・股間・顔・首などの敏感部分への使用には、くれぐれも注意を払って下さい。

 

ミョウバンで肌がカサカサするような方は、塩化アルミニウムは避けたほうが無難です。

 

肌トラブルが改善した後は再度の使用も可能ではありますが、塩化アルミニウムの濃度が低い商品から試すと失敗が少ないと思います。

 

<塩化アルミニウムの評価>

総評 ★★★☆☆(3.2点)
コスト ★★★★☆
制汗効果 ★★★★☆
持続性 ★★★☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ★★★☆☆
制汗部位 脇・手・足など

 

 

【自宅で汗対策9】制汗クリームで汗を止める方法

制汗クリームで汗対策

ここ最近、汗かきさん達の間で注目されているのが、制汗クリーム

 

制汗クリームとは、発汗を抑える「制汗成分」と、臭いの元になる雑菌の繁殖を防ぐ「殺菌成分」の2つが配合された薬用クリームのことです。

 

制汗クリームの多くは医薬部外品として販売されており、市販のデオドラントよりも一定の効果が期待できるうえ、塩化アルミニウムのような副作用の心配が少ないのも特徴。

 

人気の制汗クリームには、主に下記の成分が使われています。

 

  • 【制汗成分】パラフェノールスルホン酸亜鉛
  • 【殺菌成分】イソプロピルメチルフェノール

 

汗を止めたうえで殺菌するため、ワキガなどで優れた効果を発揮します。

 

製品ごとに美容成分の違いなどありますが、どれを選んでも基本的な効果はさほど変わらないと考えてよさそうです。

 

持続性は半日から、長くても入浴までの1~2日で、それほど長く効果が続くわけではありません。

 

制汗クリームの主なメリットは、こんな点です。

 

  • 誰でも手軽に使える
  • 即効性が期待できる
  • 市販品より優れた効果が期待できる
  • 肌に優しく、敏感肌にも安心
  • 副作用リスクが低い
  • 顔や敏感部分にも使用できる

 

無添加・全額返金保証つきなど、それぞれ特徴もあるので、興味があれば当ページの一番上にある検索フォームから、お好みの条件で探してみてください。

 

<制汗クリームの評価>

総評 ★★★★☆(3.8点)
コスト ★★★☆☆
制汗効果 ★★★★☆
持続性 ★★★☆☆
手軽さ ★★★★☆
副作用 ☆☆☆☆☆
制汗部位 脇・足・顔・股間・胸元・背中・全身

 

 

【自宅で汗対策10】生活習慣の見直しで汗対策

生活習慣の見直しで汗対策

発汗は人間に必要な体温調節機能が正常に作動している証拠ですから、多くの場合は治療の必要がありません。

 

それでも、ダラダラ流れる大量の汗や臭いが気になるのは、社会生活の中でエチケットやマナーを重んじる私たちにとって、ごく当然のことです。

 

過剰な温熱性発汗は、運動不足や食生活の偏り・睡眠不足など、生活習慣を見直すことで根本的に解消できる可能性があります。

 

地道にコツコツと、根気のいる方法ではありますが、長い目で見ればこれが一番の汗対策になるかもしれません。

 

テレビを見ながら、スマホ片手に、軽いストレッチをしてみる。

 

毎日の食事にあと1品、サラダを添えてみる。

 

寝る時間を30分だけ早くしてみる。

 

そんなことの積み重ねが、健康的な体をつくる基礎になるはずです。

 

<生活習慣の見直しの評価>

総評 ★★★★☆(3.6点)
コスト ★★★★☆
制汗効果 ★★★★☆
持続性 ★★★★★
手軽さ ☆☆☆☆☆
副作用 ☆☆☆☆☆
制汗部位 全身

 

自宅で出来る「汗対策」ランキング

ここまでご紹介してきた汗対策を総合評価でランキングにしてみました。

 

【第1位】制汗クリーム ★★★★☆(3.8点)

【第2位】生活習慣の見直し ★★★★☆(3.6点)

【第2位】ペットボトル ★★★★☆(3.6点)

【第4位】ミョウバン ★★★☆☆(3.4点)

【第4位】ツボ押し ★★★☆☆(3.4点)

【第6位】インナー見直し ★★★☆☆(3.2点)

【第6位】塩化アルミニウム ★★★☆☆(3.2点)

【第8位】制汗グッズ ★★★☆☆(3.0点)

【第9位】漢方薬 ★★★☆☆(2.8点)

【第10位】制汗サプリ ★★☆☆☆(2.4点)

 

トータルで発汗抑制効果が高く、バランスの良い「制汗クリーム」が1位。

 

根治治療の期待できる「生活習慣の見直し」と、即効性のある「ペットボトル」が同率2位となりました。

 

汗を止める方法 まとめ

自宅で汗対策

今日から自宅で手軽に始められる汗対策をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

生活状況・体質・肌質・汗の量・汗をかく部位など、ご自身の状態に合わせて最適な汗対策を考えてみてください。

 

もし多汗症の疑いがあるなら、病院やクリニックで相談することも大切です。

 

ここで一番お伝えしたいのは、

 

「ぐずぐず悩んでる時間が一番もったいない」

 

ということです。

 

虫歯などもそうですが、もっと早く行動してれば良かったと、後悔する人がとても多いんです。

 

悩みがひとつ解決するだけで、明日からの生活が大きく変わることは間違いありません。

 

悩んでる暇があったら、ぜひ今すぐにでも始めてみてくださいね♪

 

 

あなたに合った汗対策アイテムはこちら