このページの先頭です

上手に水分を摂ると良い汗が出る!

195views

投稿日:

水分補給の重要性

人間の体の約60%は水分といわれ、成人が一日に必要な水分量はおよそ2000~2500mlとされています。

 

体の水分は血液にもなり、栄養素を体中へ運んだり、体温を調整してくれる大事な役割があります。

 

さらに水分が不足すると脱水症状を起こしてしまうこともあるため、水分は日頃からこまめに補給することを心がけましょう。

 

効果的な水分補給で良い汗をかこう

大量の汗に悩む人にとって水分補給でさらに余計な汗が出てしまうのではないか、と不安になるのは無理もありません。

 

しかし、水分が不足すると汗をかきにくくなり、せっかくかいた汗もねばつく「悪い汗」になってしまいます。

 

水分を十分に補給し、サラッとしてニオイもない「良い汗」をかくようにすることで、新陳代謝も良くなり一度に大量の汗が出るのを防ぐことが出来ます。

 

 

水分補給には何を飲めばいいの?

良い汗の飲み物

水分補給はやっぱり水?お茶でもいい?ジュースでもいい?

 

「良い汗」をかく為に、水分補給に適した飲み物を紹介します。

 

手軽に補給できてノンカロリー、お値段も一番お安い水はやっぱり水分補給にうってつけです。

 

暑い夏などは冷たい水を飲みたくなりますが、できれば冷たすぎる水は避け常温の水がおすすめです。

 

冷たすぎる水は胃腸に負担をかけて、夏バテや汗をかきにくい体を作る原因になります。

 

ぬるい水がどうしてもダメ!と言う場合は、たとえば冷蔵庫で冷やした水には氷を入れない、氷の入れる数を半分にするなど少しずつ慣らしていくのがコツです。

 

スポーツドリンク

スポーツドリンクの多くは水に糖分、塩分などを配合して人の体液に近い状態になっています。

 

ミネラルなども含まれ、吸収がよく体に馴染みやすいのが特長です。

 

一方糖分が多く含まれていることで、日常的に多く摂取することはカロリーの摂りすぎ、糖分過多にもなりがちです。

 

汗をたっぷりかいた運動後や入浴後に適しています。

 

お茶

通勤通学の際にお茶を持って行くという人はとても多いはず。

 

でも多くのお茶に含まれるカフェインは、利尿作用がありせっかくの水分をおしっことして外に出してしまいます。

 

ですので、お茶で水分補給するのであれば、カフェインのない麦茶やハーブティーなどがオススメです。

 

 

フレーバーウォーターを作ろう

良い汗と水分補給

水がいいのは分かるけど、水って味がなくてゴクゴク飲めない。

 

そんな人にオススメしたいのは「フレーバーウォーター」です。

 

コンビニでも果物の香りのフレーバーウォーターはよく見かけますが、市販されているフレーバーウォーターには糖分が少し多いのがネックです。

 

そこでフレーバーウォーターを手作りしてしまいましょう。

 

といっても難しいことは一つもありません。

 

いつもの水にちょっと手を加えるだけで、おいしいフレーバーウォーターが作れるんです。

 

レモン水

見た目にも爽やかなレモン水、作り方はとても簡単です。

 

コップ一杯の水にレモンを適量絞るだけ!

 

レモンを買って切るのが面倒…という人は濃縮レモン果汁などを買って水に落としてもOKです。

 

レモンを輪切りにしてパックに入れて冷凍して、氷代わりに水に入れてもオシャレで美味しくてカワイイ!

 

ミントウォーター

ミントウォーターは夏やお風呂上がりにオススメの、ひんやりフレーバーウォーターです。

 

コップに入れた水にミントを浮かべるだけでも十分香りを楽しめます。

 

密閉容器に水とミントを入れ、2~4時間ほど寝かせるとさらに芳醇な香りが楽しめるミントウォーターが作れます。

 

 

効果的な水分補給のタイミング

良い汗と水分補給量

水分補給は一度にたくさんの水を飲めばいいわけではありません。

 

コップ一杯くらいの水を1日に6~8回ほど摂るのがよいとされています。

 

朝起きたときに

寝起きの体は、じつは水分不足。

 

寝汗に困っている人ではなくても、通常人の体はある程度の寝汗をかくものなんです。

 

朝起きたらまず水分補給しましょう。

 

入浴の前後

入浴後水分を摂る人は多くても、入浴前に水分を摂る人は少ないかもしれません。

 

しかし入浴で良い汗をかくためにも、体が水分不足ではいけません。

 

これもコップ一杯くらいで十分なので、水分を摂っておきましょう。

 

寝る前に

寝汗や夜間のトイレを気にして寝る前の水分補給をしない人もいますが、睡眠中に水分不足になると、血液の中のミネラル濃度が高くなってしまうといわれています。

 

さらに水分不足は悪い汗の原因にも。

 

寝る前にも、適度な水分補給で良い寝汗をかけるようにしておきましょう。

 

運動するときに

運動するときは運動した後だけではなく、前や最中にも水分補給をしましょう。

 

家の中で行うヨガや軽いストレッチでも、15分以上行うのであれば一度水分を補給するのが安心です。

 

体温の上がり過ぎを防ぎ、健康的な良い汗の発汗を促します。

 

アルコールを飲んだときに

よくお酒を飲み過ぎたり二日酔いのときなどに、水を飲んでアルコール分薄く…などといいますね。

 

アルコールは利尿作用が高い成分ですので、お酒を飲んでも尿として出ていってしまうため水分補給にはならないんです。

 

お酒を飲んだ後喉が渇くときはありませんか?アルコールを摂取した後も水分を摂っておくことをオススメします。