このページの先頭です

まずは汗の仕組みを理解しましょう。

287views

投稿日:

汗のことを知ろう

脇汗や手汗に困っている人でも、汗についてきちんと理解している人は案外少ないものです。

 

汗の仕組みを理解することで、無駄な汗をかかないようにケアしたり予防したりすることが可能です。

 

汗のことを知って、効果的な汗対策を始めましょう。

 

 

どうして人は汗をかくのか

汗の改善方法

人間が汗をかくことの一番の目的はもちろん、「体温調節」です。

 

これは他の動物にはあまり見られない機能で、とくに人間は多くの汗を出して体温調節を行っています。

 

汗をかくことで発揮する持久力

実は発汗はとても優れた能力で、汗をかくことで効率よく熱を外に逃がし、体を冷やすことで運動を長く続けることが出来ます。

 

汗をかくおかげで人間は何キロも走り続けたりすることができるんです。

動物の中で汗っかきなのは人間と馬なんです。

 

馬もまた非常に長い距離を時間をかけて走ることのできる動物ですので、納得ですね。

 

 

汗には種類がある

汗の種類

汗がでるのは皮膚の汗腺という器官です。

 

この汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺からなります。

 

そして汗の種類も「温熱性発汗」「精神性発汗」「味覚性発汗」と分けることができます。

 

 

エクリン腺とは

エクリン腺とは、体の広い部分、ほぼ全身にある汗腺です。

 

体温調節のために出される汗の多くはエクリン腺から分泌されています。

 

出てくる汗は無色透明で無臭であることが特徴です。

 

アポクリン腺とは

アポクリン腺はエクリン腺とは違い体の一部にしか存在しません。

 

ワキの下やお腹や背中、そして乳首にもこの汗腺はあります。

 

アポクリン線はストレスや精神的なものにも影響を受けやすい汗腺です。

 

分泌される汗は白く濁っていて、脂質やタンパク質などを含んでいますが、汗自体のニオイは強くはありません。

 

 

温熱性発汗とは

温熱性発汗とは

温熱性発汗は、体温調節のためにかく一般的な汗です。

 

気温が高い時や運動をした時、体内の温度が上がりすぎないように汗をかいて放出します。

 

汗は全身から出て、エクリン腺から分泌されます。

 

 

精神性発汗とは

精神性発汗とは

精神性発汗は、緊張やストレスからかいてしまう汗です。

 

人によって場所は異なりますが、手のひらやワキの下、顔などにかく人が多いです。

 

エクリン腺からもアポクリン線からも汗は分泌されます。

 

 

味覚性発汗とは

味覚制発汗とは

味覚性発汗は、辛いものや酸っぱいものなど刺激の強いものを食べるとかく汗です。

 

多くの人は顔や頭に汗をかき、エクリン腺から分泌されます。

 

 

汗は臭くない?

汗がクサイ

上の情報を見ていると、「あれ?」と思いませんか?

 

エクリン腺から出る汗は無臭で、アポクリン腺の汗も強いニオイではない?

 

そう、汗って実はそのものは「臭くない」んです。

 

ではなぜ「汗臭い」なんてことになってしまうんでしょう?

 

 

ニオイの原因は、菌

汗の臭いと菌の関係

分泌された汗は、皮脂や汚れと混ざり細菌が増殖します。

 

菌が多くなり汗を分解することでいやなニオイが発生するんです。

 

アポクリン腺から出る汗は栄養分が多く、菌が増殖しやすい環境になってしまい、ニオイが強くなってしまいがちなんです。

 

 

汗は決していけないものではない

汗の原因と対策方法

もちろん大量にかいてしまう汗には困りますが、しかし本来汗は決していけないものではないんです。

 

額の汗は脳を守っている

パソコンには冷却機能があるように、脳も冷却機能として汗をかいて冷やしています。

 

額の汗が多いのはそのせいで、この汗がなくなってしまうと脳に熱が溜まってしまいます。

汗には大事な脳を守る役目もあるんですよ。

 

 

適度な汗は熱中症を予防する

汗と熱中症の関係

人間にとって汗は重要な体温調節機能です。

 

夏暑い時に汗をかかないと、体に熱がこもってしまいひどいときには熱中症になってしまいます。

 

また、汗をかかない体は持久力や体力も衰えてしまい、様々な疾患を引き起こしてしまいます。

 

暑くても汗が出ない、はキケン!

汗で困っている人にこそ知ってほしいことは、「暑くても汗が出ないのはキケン」だということです。

 

「暑くもないのに汗が出る」「緊張で汗が出る」といった人も、まず「汗は全部ダメなもの」とは思わずにいてください。

 

 

いい汗と悪い汗の違い

良い汗と悪い汗

汗にも大事な役目がありますが、でもやっぱり「悪い汗」はあるのです。

 

 

汗は血液から作られている

汗ってどこからきているかわかりますか?実は汗は血液から作られているんです。

 

体温が必要以上に上がってしまった時、血液は汗になるために汗腺へ向かいます。

 

この時の血液にはミネラルやマグネシウムなど、重要な栄養素が含まれています。

 

 

悪い汗とは

悪い汗と臭い

悪い汗とは、血液が汗になる時、血液に含まれる栄養素をそのまま出してしまっている汗です。

 

せっかく体に蓄えた栄養素も全部出してしまっては意味がありません。

 

体から栄養がなくなってしまうことで、疲れやすい体や夏バテを引き起こす要因ともされています。

 

しかもこの汗には栄養素がたっぷり詰まっているせいで、余計な菌たちも寄せ付けてしまい、ニオイの原因になってしまいます。

 

 

いい汗とは

いい汗とは

いい汗は血液が汗になる時、血液に含まれる栄養素を体に残して、ほとんど水分のみにして出してくれる汗です。

 

汗自体にもニオイは少なく、さらに栄養を含まないため菌もつきにくい汗です。

 

 

悪い汗をなるべくなくしていい汗をかいていこう

汗の対策方法とは

汗を抑えることも大事ですが、悪い汗をかかないようにすることも、とても大事なことです。

 

いい汗をかけるよう、生活習慣やケアグッズ、薬、漢方薬など様々なアプローチをしてみましょう。