このページの先頭です

汗の臭いはどこからくるの?汗の原因と臭い対策について!

356views

投稿日:

お化粧が崩れたり、洋服に汗ジミができたり、臭いが気になるというさまざまな理由から、汗をかきたくないという女性は少なくないですが、汗は私達にとってなくてはならないものです。

汗をかく一番の目的は体温調節です。

例えば夏の炎天下では、身体は汗をかくことで体表面を冷やし、体温が上がりすぎないよう調整するという大切な役割を担っています。

そして、汗腺を備えて体温を調整しているのは、人間だけです。

この他にも、運動をした時や辛い物を食べた時、緊張やストレスなどを感じた時などに、精神的な影響でも汗は出ます。

しかしながら、汗をかきたがらない女性が多いのは、やはり汗をかくとどうしてもその臭いが気になるからでしょう。

 

汗は2種類ある!理想の汗ってどんな汗?

理想の汗と改善方法

 

汗の臭いについて

汗には、エクリン腺から出る汗と、アポクリン腺から出る汗の2種類に分けることができます。

エクリン腺は、全身の皮膚にあり、ここから分泌される汗はほとんどが水分でサラサラしているのが特徴です。

一方、アポクリン腺はワキの下や性器、外耳道などの限られた部分にあり、ここから分泌される汗はタンパク質や脂質、鉄分などを含んでいるため、やや粘つきがあるのが特徴です。

しかし、エクリン腺もアポクリン腺も、それぞれ出てきた瞬間の汗の臭いはほぼ無臭です。

よく汗臭いと言いますが、正確に言うとこの臭いは汗の臭いではありません。

もともと汗そのものに臭いはありませんが、アポクリン腺から出る汗は、この汗と皮膚に残っている皮脂が混ざり合うことで細菌が繁殖し、これが分解されることによって臭いを発生させているのです。

つまり、汗の臭いは、汗の放置により雑菌の繁殖が原因で発生するのです。

そして、汗の量が多くなれば細菌の繁殖も盛んになります。

そのため、汗をたくさんかく夏の時期や、激しい運動をした後などには、特に臭いが出やすくなります。

1日に身体全体で出る汗の量は、約700〜900ml程度です。

また、汗腺が集まっているため、身体の中でも汗をかきやすいワキについては、スプーン1杯程度と言われています。

 

理想の汗はサラサラ!

暑い季節に一日中冷房にあたっている生活をしていると、汗腺の機能が弱まり、汗が出にくい体質になっている可能性があります。

冷房は快適な生活環境を作ることができますが、弱った汗腺から出る汗は、成分が濃く臭い易いドロドロとしたものとなってしまうのです。

また、ストレスが溜まった状態でかいた汗も、緊張から成分が濃くなってしまいます。

 

汗腺を鍛えるためには、常日頃から汗をかくことが大切です。

対策として、ランニングやウォーキング、エアロビクスなどの有酸素運動やヨガなどを生活習慣に取り入れることにより、汗腺を鍛えることができ、ドロドロの汗からサラサラの汗へと体質を変えることができます。

また、運動の習慣はストレス対策にもなり、体臭改善に役立ちます。

 

多汗の原因とその悩みを解消する対策について!

多汗の原因と対策方法

多汗の原因!

激しい運動をしているわけでもないのに、多量の汗をかいて悩んでいる女性も少なくありません。

この多汗の原因については、以下の通りです。

 

精神性発汗!

人前でスピーチするなど緊張状態に置かれた時、汗腺をコントロールしている交感神経の影響を受け、ワキや手のひら、足の裏などに汗をかきます。

これを精神性発汗と言います。

この精神性発汗は、緊張状態がなくなれば自然に汗は引きますが、一旦緊張状態に置かれた場合、噴き出すようにドッと一気に出るのが特徴です。

さらに、また汗をかいてしまうかもという不安から、常に汗をかいてしまうという悪循環に陥ることも少なくありません。

また、最近ではストレスが原因で、多量の汗をかいてしまう人も増えています。

 

更年期の影響を受ける!

更年期とは女性が閉経を迎える前後45〜55歳の約10年間を差し、人によってはさまざまな身体的・精神的症状をもたらす時期のことです。

そして、更年期にホルモンバランスの影響で自分の意思や、気温などに関係なく汗が出てしまうという場合があるのです。

特に、顔や首、胸、ワキの下などの上半身を中心に滝のような汗をかきますが、手足は冷たいのが特徴と言えます。

 

レーザー脱毛後に汗が増えた!

よくレーザー脱毛を行った後に汗が増えたという話を耳にすることがあります。

これは、脱毛が汗腺を刺激しているかどうかは分かりませんが、脱毛によって意識がワキに集中するという精神性発汗も考えられます。

日頃から多汗に悩んでいる人などは、脱毛の施術を行う場合は慎重になる必要があるでしょう。

 

多汗による悩みを解消する対策について!

汗が出るのは自然現象と言っても汗が多量に出てしまうため、人前に出るのが億劫になったり、周りの反応が気になって仕事に集中できなくなったり、深刻な悩みを持っている人も中にはいます。

そのような場合には、ワキの下にボトックスを注射するという治療法があります。

ボトックス注射をすることで、発汗を促す神経物質をブロックし、汗を抑えることができるのです。

早い人は、注射をした翌日から2、3日程度で効果を実感すると言われています。

そして、効果については、平均6ヶ月程持続します。但し、ボトックス注射は自由診療になり、また、クリニックによって費用が異なります。

 

汗の臭い対策について!

ワキの制汗対策

汗の臭いというものは、汗そのものではなく皮膚の上にいる菌が汗や皮脂を餌として増殖することが原因で発生します。

女性は、特にワキの汗が気になると言う人が多いといわれています。

また、近年では、ワキの汗の臭いに対するエチケットの意識の高まりもあり、さまざまなタイプの消臭ケア商品が販売されています。

それぞれのワキの消臭ケア商品の特徴については、以下の通りです。

 

殺菌タイプ!

殺菌タイプの商品は、汗の臭いが強い人に効果的です。

この殺菌タイプを使用することにより、肌に存在するバクテリアを殺菌することで、臭いの発生を防ぐことができます。

但し、銀イオンなどが配合されている殺菌タイプのものは、臭いを抑える効果は強いのですが、必要な有効菌までも殺してしまいます。

そのため、皮脂膜が弱くなってしまい、悪い菌が繁殖する可能性があります。

 

制汗タイプ!

制汗タイプの商品は、汗の量が多い人に有効です。

なぜなら、使用することで汗そのものの量を減らすように作用するため、バクテリアの繁殖を抑えることができ、臭いの発生を抑えることができるからです。

しかしながら、汗の量が多い場合には、衣服に汗が染み込んでしまうため、衣服から臭いが発生する可能性もあります。

この制汗タイプは、殺菌タイプよりも臭いを抑える効果は弱いですが、皮膚の常在菌に影響を与えずに汗による臭いを抑えることができます。

 

消臭スプレータイプ!

消臭スプレータイプの商品は、汗の臭いを無香化することができます。

ワキに直接スプレーすることにより、臭い物質を包み込んだり、中和したり、すでに発生している汗の臭いを感じないようにすることができます。

また、無香のものから香り付きのものまでさまざまです。

さらに、直接肌に使うのではなく、衣類にスプレーすることにより、衣類に消臭機能を持たせ、臭いが外に漏れないようにするデオドラント剤などもあります。

 

拭き取りシートタイプ!

拭き取りシートタイプの商品は、ワキから出た汗を拭くことにより、汗をキレイに取り除くことができます。

汗を取り除くことで、衣服に付く汗ジミや蒸れなどを防ぎます。

この拭き取りシートタイプは場所を選ばず、いつでも手軽に使うことができるため、外出時などもこまめに臭い対策をすることができます。